第一章

 

1:誕生〔0歳:LEVEL1〕
親父がRPG好きだっつーだけの理由で、「勇者」と名づけられた。それ役職だよ!

旅立つまでにコイツを殺す。そう誓った産湯の中。

勇者は〔殺意〕を覚えた。

 

2:確信〔0歳:LEVEL1〕
母乳の代わりに「聖水」という親父の育児方針は、絶対間違ってる。

聖水がペットボトルで売ってるのは、もっと間違ってる。(絶対ニセモノ)

勇者は栄養が足りない。

 

3:衝撃〔1歳:LEVEL1〕
生まれてから一年が経過した。だが、母乳も飲まずに育ったのでどうにも貧弱だ。
仕方なく俺は、できうる限りのボディーランゲージを駆使して親父に訴えてみた。
するとなぜか理解したらしい親父。こいつ…タダモノじゃねぇ!
父「なぁ母さん。たまには勇者に母乳飲ませてやってもいいかもな。」
母「えぇ〜?でもアタシ母乳なんて出ないしぃ〜。」

旅の目的に「実母探し」が加わった。

 

4:無駄〔1歳:LEVEL1〕
未来に待ち受ける冒険に新たな目標が生まれた俺。
それにしても迂闊だった。なぜ母親がすりかわったことに気づかなかったのだろう。

いや、現時点の知能の方がおかしいのかもしれない…でちゅ。

勇者は語尾で「赤ちゃんらしさ」をアピールした。
だが今さら無理があった。

 

5:驚愕〔1歳:LEVEL1〕
父「おぉ勇者よ、だいぶ大きくなったな!いいぞいいぞー!」
俺はもうじき2歳になる。そりゃ多少はデカくもなるさ。そんなにはしゃぐなよ親父。
父「あとは魔王さえ…いればなぁ…。」

え゛、いないの!?

勇者は「自分の存在意義」を見失った。

 

6:苦悩〔1歳:LEVEL1〕
親父が召喚魔術の勉強をし始めた。

魔王を呼び出す前に殺すべきかもしれない。

勇者は悩んでいる。

 

7:日記〔2歳:LEVEL1〕
偶然親父の日記を発見。悪いとは思いながらも少し読んでしまった。
日記『勇者が2歳になった。今後の成長も楽しみで仕方が無い。最愛の息子だ。』
親父…なにげに俺の健やかな成長を真剣に願ってくれてるんだな…。
日記『関白でもいい。慎ましく育って欲しい。』

親父、関白ってちっとも慎ましくないよ…。

2歳で読める勇者もおかしい。

 

8:発言〔2歳:LEVEL1〕
俺ももう2歳だ。ぼちぼち言葉くらい発してもいいのかもしれない。
ホントは生後まもなく話せるようにはなった(気がする)のだが、まだ喋っていない。
未来の「勇者」として(今も勇者だが)、恥ずかしくない発言にすべきだと思うからだ。
いつか聞かれるかもしれない。それならば歴史に残るような第一声がいい。

ニュース「みなさんこんばんは。」
勇者「こんばん…ハッ!」

勇者はやってもうた。

 

9:家族〔3歳:LEVEL1〕
あっという間に3歳になった。俺は犬か!てな勢い。いやむしろそれ以上の早さだ。
するとその誕生日、親父が大きな包みを持ってきた。どうやらプレゼントらしい。
なにやら中でゴソゴソいっているので、ペットの類なのかもしれない。楽しみだ。
怪物「…ポピュ?」
勇者「!!」
怪物「ティペポピュ。ペポ。」

い、いらねぇ!!

親父は召喚魔術を習得した。

 

10:家族〔3歳:LEVEL1〕
親父からの誕生日プレゼントは、ペットではなく怪物だった。
あの野郎、知らぬ間に召喚魔術を習得していたらしい。なんて早さだ。
怪物「ピパポプー!プー!」
勇者「…おい親父、一体どこから何を呼んだ!?」
父「コイツは不死鳥のように舞い、竜の如き力をもつ最強の召喚魔獣」
勇者「なっ…マジか親父!?そいつは心強ぇ!ナイスな相方をありがとう!」
父「…だったらいいなと思ってる。」
勇者「くたばれっ!!」
コイツじゃ話にならん。そう思った俺は「魔獣図鑑」で調べてみることにした。
いつか共に旅立つだろう仲間だ、ちゃんとした名前で呼んでやるべきだろう。

図鑑『学名:チョメチョメ』

うわー!呼びたくねー!!

「チョメ太郎(親父命名)」が仲間に加わった。

 

11:友好〔3歳:LEVEL1〕
なんとも呼びづらい名前を付けられた我がペット。なぜか妙に恥ずかしく感じる。
だがまぁ今後強く育つことを期待して、とりあえず友好を深めておくことにした。
勇者「なぁお前、なんか得意技とかあるのか?」
チョメ「プティペポプ。ペポプ。」
勇者「じゃあ好きな食べ物は?」
チョメ「チュピポ。」
勇者「趣味は?」
チョメ「パプーピポー!」

あっはっは。まったくわかんねー。

勇者はタラオにはなれない。

 

12:微妙〔4歳:LEVEL1〕
4歳になった俺は、この春から学校に行かされることになった。
来たるべき出陣の日に向け、できたらここで仲間の一人二人は見つけたいものだ。
すると早速話の合いそうな奴と知り合い、冒険談議に華を咲かせることができた。
少年「僕はいつか「賢者」になりたいんだー☆」
勇者「お、いいねぇ賢者!是非とも欲しい面子だよ!」
少年「うん。だから勇者君、旅立つ時は絶対僕も連れてってね!」
勇者「おうよ! あ、ところでお前…名前は?」

少年「賢二。」

残念ながら「ゃ」が足りない。

 

13:入学〔4歳:LEVEL1〕
そして入学式が始まった。

校長「みなさん入学おめでとう。早速みなさんには殺し合いをしてもらいます。」

勇者は悪の巣窟に迷い込んだ。

 

14:翌日〔4歳:LEVEL1〕
ウチの学校には「冒険科」というクラスがある。
魔王こそいないものの、悪さをする魔獣などは少なからず存在するからだ。
というわけで俺はその科に志願した。「勇者」として、冒険への知識は欠かせない。
教師「みなさん冒険科へようこそ。早速みなさんには殺し合いをしてもらいます。」
勇者「そればっかりかよ!」
教師「フフフ、冗談ですよ。(武器を配りながら)」

そういえば賢二を見かけない。

 

15:安心〔4歳:LEVEL1〕
タチの悪いブラックジョークから始まった俺の学園生活。
ジョークで良かったがブラックすぎだ。4歳児には刺激が強すぎる。
しばらくは皆ビクビクしていたが、一週間もするとだいぶ慣れたようだった。一安心。

だが何故か賢二を見かけない。

 

第二章